回復的リハビリのことを理解しておこう

がんの手術後、合併症の心配がないことが確認されると、すぐに回復的リハビリがスタートします。
とは言え、がんの種類や患者の状態によって、リハビリの方法は変わってきます。
たとえば、胃がんや大腸がんを手術した後は、食生活が大きく変わるでしょう。
当然ながら、一般的な食事はできません。
しばらくの間、細かく刻んだものや、やわらかいものを少しずつ食べることになります。
良くかんでゆっくり食べることが大切で、食事の回数を増やすことも珍しくありません。
また、体重が減少して体力が低下しやすいです。
軽い運動をして体力を維持することも求められます。
もちろん、運動は自己流ではいけません。
病院でリハビリの指導を受け、自宅できちんと行うようにすることです。
ちなみに、リハビリは回復的リハビリだけではありません。
予防的リハビリや維持的リハビリ、緩和的リハビリもあります。
それぞれの目的や内容を知っておくことも大事と言えるでしょう。

三ノ輪で歯のカウンセリングを行っています

乳がん検診 大阪

歯を残す歯科治療

福岡天神駅すぐのカイロ整体院
しつこい肩こり・腰痛を解消

最新投稿

  • 失敗しない病院選びをして正しく医師と接する

    病院に行く必要がある患者は、自身の治療を受ける病院を選ぶ権利を持っている一方で正しい治療を受けられる …

    続きを読む...

  • 医療用レーザー脱毛の仕組みについて

    医療用レーザー脱毛は、エステでは取り扱うことができません。
    こちらの脱毛は、医療機関のみ行うこ …

    続きを読む...

  • かかりつけ病院を探す為のポイント

    自分や家族が通うべき病院やクリニックを探している人は、ほとんどの場合何かしら不安や悩みを抱えている可 …

    続きを読む...

  • 咽頭がんや喉頭がんの手術後に関すること

    咽頭がんの切除手術後は、当然ながら食べ物がうまく飲み込めなくなります。
    なので、嚥下リハビリを …

    続きを読む...

お知らせ