医療用レーザー脱毛の仕組みについて

医療用レーザー脱毛は、エステでは取り扱うことができません。
こちらの脱毛は、医療機関のみ行うことができます。
医療用レーザー脱毛のレーザーは、高出力となっていることで永久脱毛をすることができます。
この脱毛は、黒い色素に反応する波長の光を使っています。
肌の上からそのレーザーを当てると、毛の色素に反応します。
そして、レーザーの光によって熱を溜め込んでいきます。
すると、溜め込んだ熱がしだいに広がっていき毛乳頭を壊していきます。
毛乳頭は毛の成長に必要な毛母細胞に栄養を送る機能を持っていますので、毛乳頭が破壊されますと今後は毛母細胞は栄養を一切受けるとることができなくなります。
それによって、毛が生えてこなくなり永久脱毛をすることが可能となります。
ここで一つ注意点があります。
それは、日焼けしていると医療用レーザー脱毛ができません。
それはレーザーが黒い色素に反応するので、日焼けした肌の状態でそのレーザーの光を受けてしまうとその肌にも反応してしまって火傷をしてしまうことがあるからです。